タカちゃんのお姉ちゃんの学校
1993年の秋、僕はファミレスでバイトを始めた。バブルはもう、崩壊して世の中は暗い話題も多かったけど、僕は一応は青春を謳歌していたように思う。

* 解説ブログ「20世紀少年」

実は高校生活を充実させようと入学してすぐに部活見学をしたこともある。

トシちゃんといっしょに放課後、第2音楽室の軽音部を訪れた。


僕の通っていた高校は伝統的に。。。

伝統的とはいっても、けっこう新しめの学校なので、伝統的といえるほどではなかったが、なぜだか、ずっと軽音部が盛んであった。


僕が小学生の頃、一時、いっしょによく遊んでいたタカちゃんという一年のうちの85パーセント以上を3種類くらいのジャージのローテーションで過ごしていた子のお姉さんが、その頃この高校に通っていて、原宿のホコ天でアマチュアバンドが盛んに演奏していた時期でもあり、”三宅裕司のいかすバンド天国”、いわゆる”イカ天”の放送が始まる少し前のバンドブームの頃で、タカちゃんによく、「お姉ちゃんの高校はバンドが有名で。。。」と何十回となく僕は聴かされていて、まさか、自分がそのタカちゃんのお姉ちゃんが通っていた高校に通うなんて考えもしなかったけど、実際には通うようになったわけである。


ちなみにタカちゃんは、いつも青の太い紐を通した家の鍵を首から提げていて、いわゆる”鍵っ子”でもあった。



僕にはこの軽音部は、郊外にあるこのコンサバな生徒が多い高校のリベラルな部分の象徴のようにも当時は思えた。


僕らが在学中に、OBがヴィジュアル系バンドとしてメジャーデビューし、一世を風靡したが、当時はOBだということは知らなくて、ずっと後の卒業してからウィキペディアでOBだったことを知ることになったのである。

22
* 最初から読む場合はカテゴリーの1話から読んでください。

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://seishunnoomoide.blog65.fc2.com/tb.php/12-1e6c9807
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
昨日29日は昇段審査 そしてライブと楽しい一日でした。 みっちゃんが昇段審査で緊張して受験している時に サリーたちとちょっと16区までお茶に行ってきました。 ポンムダムールです。美味しかった ライブの詳しい?様子は新館にUPしています。 写真をクリックしてね...
2010/02/01(月) 19:29:20 | まーくんの小部屋ダイアリー